読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈍行で東京-京都を往復した男の話(2日目)

4月の3日から4日にかけて青春18きっぷを利用して,京都に行ってきました.

この記事ではこの旅行で得た知見(鉄道・飯・宿等)を共有したいと思います.

この記事の最後に得た知見をまとめたいと思います.

引き続き,2日目の出来事です.

Chapter.4 京都(2日目)

2日目の朝ごはんは黄檗(おうばく)にある『中路ベーカリー』というところに行きました.

tabelog.com

このお店は『響け!ユーフォニアム』にも出てきたパン屋さんでいわゆる聖地です.

開店直後の6時45分くらいにお店に行ったのですが,まだ少しのパンが焼き上がっていただけで品揃えは微妙でした.(お店の人によると10~11時くらいに全て焼きあがるとのこと

個人的には食べたかったフランクデニッシュとハッシュポテトがあったので,満足でした.ハッシュポテトは一枚50円でおいしいです.朝から4枚も食べてしまいました.

ですが,ここのパン屋さんはアニメに出てきたというだけで,割と普通のパン屋さんです.パン目当てで,わざわざ黄檗で途中下車して行くほどの価値はないと思います.

その後,宇治に行って平等院鳳凰堂に行ってきました.

f:id:Korokorotune:20160410205643j:plain

平等院鳳凰堂を見た後,近くにある『ますだ茶舗』で宇治抹茶ソフトクリーム(300円)を食べました.

b-omotesando.com

とても美味しかったです.ソフトクリームの上にひきたての抹茶がふりかけてあるのですが,その抹茶の苦味とソフトクリームの甘味がいい感じにマッチングしています.宇治に行った際は是非,食べてみてください.

平等院鳳凰堂を見た後は,聖地巡礼をしたり,アニメのスタンプラリーをやってクリアファイルをもらったりして,宇治を離れました.宇治を出発した時間は12時半くらいだったと思います.

宇治を出発して,京都駅でちょっとお土産の買い物をして,長い帰路につきました.

ちなみに昼飯として京都駅で牛膳弁当という駅弁を買いました.普通に美味しかったです.

京都を出発したのは13時半くらいでした.そこから延々と東海道本線に揺られ続け,東京の品川に到着したのが22時半でした...

旅行で使ったお金

青春18きっぷ代(2日分):5000円(金券ショップ利用)
名古屋ひつまぶし:4400円
名古屋市内私鉄移動費:400円くらい
京都回転寿司:1200円
奈良のネカフェ:1900円
黄檗の中路ベーカリー:600円くらい
平等院鳳凰堂入場料:600円
抹茶ソフト:300円
京都駅の駅弁:900円
お土産:2000円くらい
飲み物代:500円くらい

総額:17000円くらい

 Chapter.5 知見まとめ

1. JR東海管轄区間はやばい(ロングシート

2. JR東日本JR東海JR西日本JR東海のように管轄が変わるところは大体車両数が減るので,席の取り合いになる.身軽な格好だとよい(スーツケース厳禁).駅構内は走ってはいけません.ポイントは熱海駅米原駅,浜松駅など.

3. 名古屋駅の『まるや本店』はとても並ぶ.『宮鍵』のひつまぶしとても美味しかった.

4. 奈良駅のネカフェは割りと空いてる?シャワー付きのフルフラット席に座れれば最高

5. 宇治の『ますだ茶舗』の宇治抹茶ソフトクリームはとても美味しい.

って感じですかね.青春18きっぷに関する知見はこの記事には書いていませんが,いずれなんらかの形で知見共有したいと思います.(LTとかブログで

Chapter.6 総括

この旅行は高校の同窓会(3/20開催)にて,完全にノリと勢いで計画された旅行でした.なので,移動手段や宿など,様々な点が適当です.

また,目的は確かに『名古屋と京都に行く』ことなんですが,『鈍行だけで東京-京都間を移動する』というのも一つの目的でした.

つまり,旅行時間の約半分を鈍行での移動時間に費やしていたわけですが(←アホ),この『鈍行での移動』こそが旅の目的だったんですね.(『男なら一度は鈍行で長時間旅行したいよね』というロマンからこの旅は計画・実行されました.)

なので,ただ『名古屋・京都に行きたい』という方にはこの旅行はオススメしません.(当たり前

やっぱりキツイっす...私は多分もうやることはないでしょう...

この旅行並みに旅費を抑えたいという場合は『ムーンライトながら』や夜行バス等を利用しましょう.

ムーンライトながら』知見もそのうち共有したいですね.聞きたい人は私に直接聞いてください.喜んでサポートします.

あとこれは余談ですが,東海道線を使っているので,近くに新幹線の線路があります.なので駅で乗り換え待ちをしているところに,ビュォーと新幹線が通り過ぎて行き,なんとも言えない気持ちになります.

というわけで,『鈍行で東京-京都を往復した男の話』でした!